自己処理 メリット デメリット

自己処理のメリットデメリット

家庭で脇脱毛を行う方法にはいろいろあります。
家庭での自己処理にはカミソリで剃ったり、
毛抜きやワックスで抜いたり、脱毛クリームで除毛したり、
自分で処理できる脱毛方法です。

 

まずは多くの人が利用しているのが「カミソリ」ではないでしょうか。
直接肌に当ててムダ毛を剃っていきます。
剃る部分によって剃刀を使い分ければキレイに脱毛出来ますよ。

 

メリットは手軽で格安だということ。痛みはないですし、
毛の種類を選ばないこともいいですね。
デメリットは剃ってもすぐに生えてきてしまうこと。
刃物を直接肌に当てるので、肌に負担がかかります。

 

脱毛テープやワックスも人気がある脱毛方法ですね。
ワックスや脱毛テープは処理したい部分に使用し、
一気に剥がして毛を抜きます。
脇は敏感な部分なのであまり向きません。
脇や足に使用することが多く、毛が濃い人に適しています。

 

抑毛剤を使用すると毛を細く、少なくすることが出来ます。
使用することで少しずつ毛が少なくなっていくので、
自然に脱毛出来ます。ただし、薬剤を肌に塗ることになるので
負担がかかります。肌に弱い人は皮膚が赤くなることもあるようです。

 

自分で毛を抜いたり、剃ったり、目立たなくしたとしても、
それは一時的なものです。皮膚の表面の毛を剃った場合には、
すぐにムダ毛が生えてきますから、頻繁に処理をしなければなりません。
毛を毛抜きで抜いた場合には生えてくるスピードが若干遅くなります。
しかし、時間が経つと元の状態になってしまいます。